×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




阪神電気鉄道 なんば線


↑阪神電鉄トップページへ

阪神電気鉄道
『なんば線』

大阪難波の地下で、近鉄と相互直通運転を行っています。
開業年 1924年「大物」〜「伝法」間開業
路線距離
(営業キロ)
10.1km
軌間 1435mm
駅数 11駅(尼崎〜大阪難波)
複線区間 全線
電化区間 全線(直流1,500V 架空電車線方式)
備考 「尼崎」から「西九条」が『阪神電気鉄道』が第一種鉄道事業者、
「西九条」から「大阪難波」間が第二種鉄道事業者になります。

その存在意義は、尼崎と、大阪の繁華街である難波を結ぶ事、
そして何より、『近畿日本鉄道』との相互直通運転にあります。
「神戸」「大阪難波」「奈良」がつながるという、
「西九条」〜「大阪難波」が開通したときは注目されました。

大都市で相互直通運転をする事になるため、
大半の駅が地下駅となっています。


阪神電気鉄道 なんば線01(尼崎〜大物)
阪神電気鉄道 なんば線01(尼崎〜大物)

●使用車両
阪神電気鉄道 車輛を参照


駅名




尼崎
大物
出来島
伝法
千鳥橋
西九条
九条
ドーム前
桜川
大阪難波


阪神電気鉄道 なんば線01(尼崎〜大物)
阪神電気鉄道 なんば線01(尼崎〜大物)
戻る
戻る